【ワシントン=山內竜介】米商務省が30日発表した2020年4~6月期の実質國內総生産(GDP)速報値(季節調整済み)は、年率換算で前期比32?9%減だった。新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が急激に縮小した影響から、マイナス幅はリーマン?ショック直後の08年10~12月期(8?4%減)などを大幅に上回り、比較可能な1947年以降で最悪の落ち込みとなった。

內容概要:【華盛頓,山內龍介】美國商務部30日公布的2020年4~6月的實際國內生產總值(gdp)速報值(經季節因素調整)按年率換算,與前一季度相比減少了32.9%。由于新冠疫情的擴散導致經濟活動急劇萎縮,負增長的幅度大大超過了雷曼兄弟事件(2008年10月至12月期間減少8.4%),這是自1947年以后可比較的最嚴重的一次。

市場予想は34%程度の減少だった。マイナス成長は、感染拡大の影響が及び始めた1~3月期に続き、2期連続だ。

市場預期下降了34%左右。負增長是繼受到病毒擴散影響的1到3月后的第二個季度。

7~9月期のGDPはプラス成長に転換するとの見方が多い。ただ、6月後半から南部の州などを中心に感染者が急増し、営業規制を再強化する動きが広がっており、先行き不透明感は強まっている。

很多人認為,7到9月份的GDP將變為正增長。但是從6月下旬開始,感染者迅速增加,主要集中在南部各州,重新加強營業限制的行動正在擴大,所以未來的不確定性增加了。